協同組合徳島アイケイグループ


住  所 〒779-1232 那賀郡那賀川町西原416番
TEL:0884-42-0562
FAX:0884-42-1664
設  立 昭和63年6月
認  定 昭和63年10月
業  種 家具装備品製造業、木製家具製造業、宗教用具製造業、建具製造業、金属製家具製造業
組合員数 5人 出 資 金 1200千円
従 業 員 0人 専従理事 0人
地  区 徳島県
テ ー マ 「ルーム・イン・ルーム」の開発

徳島県下で最初の融合化組合が、新製品で最優秀賞を獲得
徳島県で融合化組合認定第1号となった当組合が、室内に独立空間をつくるトータルインテリアを89年ジャパンデザインコンペティション石川に出展して最優秀賞を獲得。
設立の経緯・組織の内容
消費者ニーズの多様化と商品ライフサイクルの短命化に一社で対応することの難しさから、「異業種同志が協力すれば差別化した商品が早くできる」と考え、現在の理事長の強力なりーダーシップのもとに、昭和59年6月、異業種交流グループとして「県南アイ・ケイグループ」が発足した。その後交流を重ね、組合を設立、63年に融合化法の制定により、知識融合化計画を決定し「ルーム・イン・ルーム」のテーマで新製品の開発に取り組んだ。
テーマ・事業計画の内容
「ルーム・イン・ルーム」とは、部屋の中に六面立方体の別空間を創造する新たなトータルインテリア。ユーザーが自分で組立て・解体でき、部屋の多目的利用が可能となるもの。外壁と中の家具等の組み合わせにより、様々な表情を持つ空間を創造することができる。@組み立て可能な柱、天板、床材等の部材の開発、Aジョイント金具の開発、B表面加工技術の開発の3点について、外部からの協力を得て研究・製造加工を行い、@トータルデザインの研究、A各部材とジョイント金具の接合の研究、B組み立て方法の研究の3点については大丸百貨店デザイン室の指導を受けながら実施した。
開発の実施状況
当初、4社で開始し、その後に1社が参加した。研究開発は、組合員である協業組合の工場で行われた。
事業推進・運営体制
89年ジャパンデザインコンペティション石川に出展して最優秀賞を獲得し、総合建設業者、呉服店、結婚式場など全国から注文が入るなど需要開拓は活発である。現在、東京、大阪、名古屋、福岡など全国8ヶ所に代理店を設置する計画で、販売網の確立に取り組んでいる。将釆は1県1代理店の体制を整えて、米国中心に輸出にも取り組む予定である

先進組合の紹介のページへ