鳴門若布加工協同組合


住  所 〒772-0022 鳴門市里浦町粟津字西開162-6
TEL:088-685-2423
FAX:088-685-2423
設  立 昭和25年2月
業  種 若布加工業
組合員数 23人 出 資 金 6417千円
従 業 員 2人 専従理事 7人
地  区  
組織形態 同業種同志型組合

原材料のわかめ確保で組合員の機会損失を防止
原材料の一括入札仕入れにより安値安定供給を可能にし、市場における競争力を増大させるとともに、金融施策による経営の安定で組合員の事業規模を拡大した。
事  業  の  背  景
原料わかめの調達資金の借入れが思うようにいかなくなったのを契機に、昭和25年2月任意団体を発展的に解散。業界の安定と発展を図るため、中小企業協同組合法に基づく組合への参加を地元業者全員に呼びかけ、その賛同者38名により組合を設立した。
事  業  の  概  要
長い歴史の中でそれぞれの時代背景にあった事業を展開してきた。具体的には、@組合員の加工販売するわかめ及び使用する資材の共同購入事業、A消費者のニーズに応じた商品を各組合員から調達し、地場産業振興センターを通じ、販売(ふるさと小包等)する販売事業、B銀行より借入れた資金を組合員に転貸する金融事業、C組合員及びその従業員の福利厚生を促進するため、各種保険の事務代行業務、慶弔見舞金の支給等の福利厚生事業、D国内外の原藻情報、商品情報及び一般情報を提供する教育情報事業等を行っている。
成     果
原材料を市場で一括購入することにより、安価な原材料の調達が可能になった。また、金融事業により、担保力のない小さな企業でも組合員であれば資金調達が可能であり、事業拡張が容易になっている。教育情報事業において、組合から組合員へ情報を提供することにより、組合員の対応が早くできるとともに、組合員間の意志疎通も容易になった。

先進組合の紹介のページへ