徳島県輸出縫製品工業協同組合


住  所 〒770-0038 徳島市南佐古8-7-18
TEL:088-625-2568
FAX:088-625-2560
設  立 昭和31年1月
業  種 衣服・その他の繊維製造業
組合員数 28 人 出 資 金 19748千円
従 業 員 1人 専従理事 0人
地  区 徳島県
組織形態 同業種同志型組合
U R L http://www.yuhouren.ne.jp/top.html

中国人研修生受入れにより将来へのパイプづくり
海外進出は、組合員企業が発展を目指すうえで、自然な選択であり、その際には研修生を受入れたことが、中国側関係者とのパイプづくりに結び付くと思われる。
事  業  の  経  緯
縫製業界における労働力不足がますます深刻化している中で、海外生産をせざるを得ない状況となってきている。外国人研修生を受入れ、輸入品の品質向上を図ることは、消費者の生活向上に貢献するうえ、業界の発展及び安定に寄与することから事業実施に至っている。
事  業  の  仕  組
平成2年6月の入国管理法改正以降、中小企業団体も外国人研修生を受入れることができるようになり、上部団体である日本輸出縫製品工業(協連)が、中国上海対外経済技術合作公司を通じて、上海市紡織工業局の推薦を受けた研修生を希望組合に紹介する仕組みを採っている。4年7月からは、毎年中国人研修生を受入れ、6年度で3回目を数える。1年間2160時間の研修体系を組み、日常会話、生活習慣、縫製専門用語、繊維の基礎知識等の座学研修のほか、受入企業において高度な縫製技術の実務研修を実施している。
成     果
中国人研修生の受入れを促進することにより、国際協力、技術支援を図るとともに発展途上にある中国に役立つ技術の修得並びに生活習慣を身に付けることに寄与している。また、この事業を通じて組合員相互の親睦を図れたことに加えて、中国側関係者との太いパイプ作りに役立っている。今後、加工貿易という交流に関係を拡大できる見通しがついた。将来中国で委託生産を希望する組合員は6社である。

先進組合の紹介のページへ